ゴールドパッチ

Gold Patch
素早く強度が発現する 保管式の加熱本復旧合材 人に優しい・環境に優しい、常温全天候型道路補修材

ゴールドパッチは、素早い強度の発現で本復旧舗装材として使用でき誰でも容易に施工ができる新しい技術を使っています。

ゴールドパッチはNETIS(新技術情報提供システム)に登録された技術です。 NETIS登録番号:QS-200049-A

ゴールドパッチの施工メリット

Gold patch construction benefits

小規模工事のアスファルト復旧に役立つ

  • 小規模舗装復旧工事(標識工事など)に必要分だけ準備すればいい。産廃処分大幅削減!
  • 水道・ガス工事などゴールドパッチで本復旧が可能である。施工時間短縮に繋がる。
  • 緊急工事が必要な場合、すぐに持ち出して施工可能である。

ゴールドパッチの特長

Features

ゴールドパッチは、加熱アスファルト合材を特殊な技術で冷却し袋詰めした、加熱型常温合材です。施工後は加熱合材と同等以上の強度を発揮します。

高い強度

特殊アスファルト合材を使用しているため、施工後の強度は加熱合材と同等以上の強度を発揮します。そのため、本復旧材として使用できます。

優れた施工性

ゴールドパッチは、現場にて加熱・敷均し・転圧するだけで施工できますので、速やかに道路開放できます。
※従来の水道・ガス工事などは、常温合材などで仮復旧後、別日に改めて加熱合材で本復旧する手間が必要である。

経済的

余った加熱合材の産廃処理にお困りではありませんか?ゴールドパッチは袋詰なので、必要分用意すれば、従来の小規模舗装復旧工事と比較すると、加熱合材をプラントに取りに行く手間、余った合材の産廃処分がないため無駄がなくなります。
※標識工事などで少量の加熱合材(100㎏程度)が必要です。しかし合材プラントでは最低購入量が0.5t以上からの購入しかできないため、余ったアスファルト合材は産廃処分する手間と費用がかかる。

保存性

独自製法で加工した特殊合材の為、袋の状態で1年以上在庫保管ができるため、緊急工事が必要な場合、すぐに持ち出して施工可能です。
※夜間など緊急工事が発生した場合、プラントが稼働していないと材料が購入できない場合に役立ちます。

工法比較

施工手順

Construction procedure
  • 準備 1.準備: 施工面を清掃し、プライマーを塗布します
  • 加熱・混練 2.加熱・混練: ゴールドパッチを袋から出し、バーナーで加熱しながらスコップなどで全体に熱がいきわたるように練ります。
  • 転圧 3.転圧: 加熱されたゴールドパッチをプレートで転圧します
  • 完了 4.完了: 50℃以下で交通開放可能です

施工例

Construction example
  • ポットホールの補修 水道工事
  • 踏切の補修工事 マンホール工事
  • マンホール段差修正 標識工事